FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

セッション1 はじまりません 

GM『ではこれからSW2.0の初セッションを始めていきますよ!』
一同『いえーい!』
GM『じゃあまず自己紹介からしていこうか』

メイコ『じゃあまず私からね!私はメイコ・アーシア。合奏団ボーカロイドの座長を務める男の娘よ。各地を転々としてたんだけど、その最中に母親が病気で他界しちゃってそれからは大変。父親があれちゃって・・・私と弟に暴力を振るうようになっちゃったの。それを知った団員さんが私と弟を逃がしてくれたんだけど別々に逃げちゃったから弟ともはぐれたまま・・・。そんなときに昔合奏団で回ってるときに知り合ったレンと出会って冒険者になる決意ができたの!』

GM『出会ったきっかけってのはあるのか?』

メイコ『私はお金を稼ぐために街中で演奏してたからそれをレンが見て声をかけてくれたのよね!』
レン『そうそう、自分も冒険者になるつもりだったからメイコもなってくれて一石二鳥ってやつだったんだよ。ってことでこの流れで僕も自己紹介するね!』
GM『うむ』

レン『僕はレン・クリストフ。双剣使いの剣士見習いをしてるよ。父親はどっかの部隊長をしてる剣士で。母親と姉ちゃんは王宮直属の専属魔術師をしてるんだけど、僕は全然少し手先が器用なぐらいで全然みんなと比べ物にならないから冒険者として見聞そして鍛錬をすることにしたんだ。メイコと知り合ったのはまだ僕が10歳ぐらいのときだったかな?』

GM『ん?ならメイコはレンの家族を全員しってるのか?』
レン『いや知ってるのは父親だけかな?姉ちゃんと母さんはそのころから王宮にいたはずだからね。』
GM『ちなみにその王宮はどこかってのは決めてるのかな?』
レン『そこまで決めたらやりずらいだろうからGMに任せるつもり(きらっ』
GM『ふむ・・・後々出してもいいってことか』
レン『もちがろん!(ぐっ』

ミク『んーなら次私ねー。私はタビットのミライク・ライセット。みんなからはミクって呼ばれてるってことにしててね。貴族生まれで両親に愛されて育ったんだけど没落しちゃって、今じゃ家族散り散りなの。昔から歌が好きで吟遊詩人になろうとしてたんだけど極度の音痴で挫折しちゃって今は弾き語りをしてるの。楽器もまだ見習いだから全然上手くできなくてお金も底をつきはじめて・・・仕方がなく冒険者になることにしたって感じね』

GM『ボーカロイドが音痴とは・・・・』
ミク『マスターの調整が悪いから私は悪くない!』
GM『・・・・』
メイコ『ちなみに家族はどうなったのかは知ってるの?』
ミク『んー・・・二人とも今の行方はわからないかなーあ、でもお母さんは魔術師だったからギルドとか冒険者でまた頑張ってるかも!』
メイコ『ならもしかしたらGMがその設定を拾ってくれるかもね。よくも悪くも』
GM『うむ敵に出したり、捕まってたりするかもしれないがな!』
ミク『RPとしては白熱するだろうけどPLとしては複雑な心境ねー・・』

カイト『捕まってたら助けたらいいんだ!ってことで次は自分が紹介するよ。自分はカイト・クリヘル。ルーフェリアを信仰している神官ウィークリングだよ。蛮族としての生活が苦しくて死にそうだったから逃げ出してこっちにきたんだけど人間としても生きていけそうになくて野垂れ死にそうだったときに今の父親に助けてもらったんだ。その父親がルーフェリアを信仰していたから自分も自然と信仰するようになったのがきっかけだね。ただ目がオッドアイになっててみたらすぐに蛮族ってばれちゃうから常に眼帯をしてるよ。ルーフェリアってまだ小神だから信仰してる人が少ないんだよね。だから布教を目的として冒険者になって各地を回ろうと思ってるところだね』

GM『布教熱心な蛮族って珍しいな』
カイト『育ててくれた親への恩返しってやつもあるけど、ルーフェリアには献身とか忍耐ってのもあってさ。小神だけど頑張って布教したらいずれ認められていくと思ってるんだよ。』
リン『まぁ見た目は人間が布教してるし問題なさそうだよね』
カイト『まぁね。ただ穢れもあるから大きい国には行こうとはしてないかな』

ルカ『そこは忍耐でしょー!ってことで次は蛮族つながりで私がいうね。私はラルヴァのルカ・ジルベット。これでもちゃんとマギテック協会のメンバーの一人ね。ラルヴァとしてうまれたがゆえ見た目は人間でも成長が止まるから迫害されたり有名人に監禁されてたんだけど、それがきっかけで過去の記憶をなくしちゃって監禁されたとかは覚えてるんだけど、生まれた町や親の顔は覚えてないわ。監禁から逃げ出してさまよってるところでマギテック協会の人に助けられたのよ。それがきっかけでラルヴァだけどマギテックの力を使うことができるの。』

カイト『自分と近いとこがあるな、是非ともルーフェリアをしんこry』
ルカ『残念だけどまだプリーストはなるつもりはないわよ!』
カイト『ガーン』
GM『プリばっかりでしかも同じルーフェリア信仰は面白いだろうなRP的には』
ルカ『PL的には同じ魔法ってのは面白くないけどねぇ?あ、あと自己紹介だったから女口調だったけど男だから』

リン『そう!だからこそ私はフェアリーテイマー!私はリン・クレセント!もふもふ担当のレプラカーン!タビットなんかには負けません!そして他の人の過去に負けないぐらい壮絶な体験もしてるの・・・いまでも思い出せるんだけど凄く美味しい料理屋があったんだけどそこで家族と一緒にご飯を食べてたんだけど、そこに突然蛮族が現れて家族が殺されちゃったの。私が殺される!ってところで冒険者の人が助けてくれて生き残ったんだけど今でもその蛮族をみたら震えて怖くなるの・・・。そして冒険者になったきっかけは復讐ってのもあるけど、助けてくれた冒険者みたいに誰かを助けたい!っ手思いもあるから冒険者になったって感じ!』

GM『にしてもこのPTは家族がむちゃくちゃである』
メイコ『私の父親はDVするし』
レン『僕の母親は王宮魔道師だし』
ミク『私の両親は没落してから行方不明』
ルカ『まず両親がいるかすら不明だわ』
カイト『育て親ならry』
リン『両親なんていなかった・・・』

GM『このPT家族ネタのシナリオだとやばそうだな。色々と・・・ってことで物語はザルツ地方のエイラスから始まるぞ』
ミク『自由都市のところだよね?』
GM『うむ。そうだな自由都市でも人数も少ないところだ。そこのちいさな冒険者の店からスタートしてもらうぞ』
メイコ『私とミクは演奏だったり語り手として各地を回ってるのはわかるけど他のみんなはどうやってそこから?』
GM『レンの母親がいる王宮ってのはフェンディル王国ってことにしようと思ってな。ならその付近の小さな町って意味なら問題ないと思ってな』
レン『いつのまにか母親の所在地がわかったのであった』
GM『カイトは布教ってことだし大きな国を避けてるっていってたからそのあたりは問題ないと思うし、他の二人も出身をその近辺の村や町にすれば問題ないだろうってね』
ルカ『まぁ私自身も穢れある蛮族の設定だから問題はないわね』
リン『私も問題ないかなー』

GM『ってことだ!ちなみに最初のシナリオはルルブ1のシナリオをちょっと変更して使わせてもらう予定だ』
メイコ『なら敵はガーゴイルとかかしら?』
GM『そうだな。敵はそこまで変わらないだろうが貰えるアイテムや強さ等は変えさせてもらう予定だ』
カイト『ちなみに経験点とかはどうなる予定なのかな?』
GM『基本は貰える量は倍とかにはなる予定はないな。だが6人もいるんだから別行動でセッションをしてもらう可能性もあるな』
リン『別行動?』
GM『考えとしては自由都市は6つの国があるんだからそこの各地を回ってもらうつもりだ』
レン『んーとなるとスカウトとかが全員必要になってくるんじゃないの?』
GM『このメンバー無駄にセージ多いからあれだがNPCもレベルにあったやつを一人か二人用意するつもりだから安心してくれ。まぁ場合によっては途中で合流させてってもあるし、その辺はそのセッションとみんなの相談で決めるってのもありにするつもりだよ』
ミク『ちなみにだけどザルツ地方だけで終わる予定?』
GM『予定ではできる限りはいくつもりだぞ。最終的にはエイギア地方を解放したりリーゼン地方のドラゴンを倒したりとか』
カイト『リーゼン地方のドラゴンは倒したら駄目だろ!!盟約があるだろ!』
GM『誰も殺すとはいってないぞ。まだ確定ではないが力を示してみよ!とかドラゴンが苗床になっててーとかかもしれないしな』
ミク『ナニソレコワイ』
Gm『まぁまぁまだまだ先の話だし気長にな。ってことで次から初セッションだからダイス神にまけるなよ』
メイコ『むしろダイス神がそっちに傾かないか心配だよ・・・』





ってことで自己紹介編がおわりました。
ポチポチしてたら2時回ってたなにそれこわい
まぁ創作セッションは当分ないからのびのびとしていくつもりー
こう書きながらやっていったら覚えるだろう戦法である(おい

そしておもった
あ。これ全部のサプリ買う系だわ(駄
来月には全部そろえそうでこわい
あれだよね、お前がGMやれといわんばかりな感じになる((((
まぁ、身内のGMが不在で他のメンツがある程度いるなら簡単なサブセッションぐらいならできるようにはなりたいね
シナリオなら拾ったり簡単やつなら作れるしな・・・!!!
ってどっかからお前はパラノイアしろって言われそうだ怖い

話は戻って次からこのキャラたちでセッションなわけだけど
これからの方針どうしていくか考えないとなー
蛮族もいるから称号もいるようになるし思う道理にはいかなくなるんだよねぇ










あ、ちなみになんだけど
身内でやるやつもある程度物語っぽくしてリプレイにしたいんだよねぇ・・・
RPもかけらもなさそうだからその辺はうまいこと編集してかけばできそうなきがするし!
今度全員分のキャラ紙見せてもらうか・・・

[edit]

« セッション1 やっとスタート  |  SW2.0をだな。。。 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kourantuki0509.blog75.fc2.com/tb.php/204-101c7328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)