06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

セッション1 やっとスタート 

訂正ってか変更だよ!!

GM『まず訂正なんだがルルブ1のシナリオを~と言っていたんだが、余裕で変更をしてオリジナルシナリオに変更しています。敵やアイテムも変わってるので訂正としていっておきます』

んで変更点

カイト『変更はルーフェリア→リルズに変更することにした』
GM『ふむ理由を聞こう』
カイト『カイトって水とか青をイメージしやすいからってのもあったんだけど、リルズって他者を信じ・とか愛とかあるだろ?自分たちは信じあっていけたらいいなとかもあるし、男女のPTなんだから面白いかなって』
GM『なるほどな。たしかにそれはいいかもな。リルズを使うってなると面白いシナリオ考えれそうだし採用でいいだろう』
カイト『うん、ありがとうね』

メイコ『私の武器も訂正ね、流石にストーンを持ってるだけだとあれだからダガーに変更しておいて。』
GM『ダガー一本を投げるのか?』
メイコ『基本はそこらへんに落ちてる石を投げるわよ?ダガーも状況しだいで投げる予定』
GM『了解。ならダガー分金額減らしといてね』

リン『私もーなんだけど。装備をスタッフじゃなくてレイピアに変更して、盾のバックラーを購入して装備だ』
GM『ん?フェアリーテイマーだったよな?』
リン『うん、そうなんだけど状況に応じて妖精を出して前衛に出るのもありかなって』
GM『なるほどな多方向から現れた際に対応できるようにってことか』
リン『せいかーい!まぁ最初のうちからそんなことはないと思うんだけどね』
GM(ふ・・・世間はそんなに甘くないんだよ)

GM『ってことでみんなもういいかな?』
一同『いえっさー!』
GM『なら初めていくぞー!』
一同『おー!』
GM『まず物語は前回いったとうり自由都市連盟のエイラスからスタートする。エイラスは人口3000人の少人数の小さな町だな。ほんとならもう少し冒険の店もあるだろうけど、今回はエイラス唯一の冒険の店桜の宮古を拠点にしてもらうぞ。』
ミク『桜の宮古ってなんか和風な感じでSWとちょっとイメージが違う?』
GM『まぁ唯一の店でエイラスの町人はそれが普通だと思ってるな。で君たちはその桜の宮古でクエスト待ちからスタートだな』
レン『あ、その桜の宮古のマスターの名前は?店でクエ待ちなら知ってると思うんだけど。』
GM『マスターの名前はゆゆこだな。見た目はこの世界では珍しい着物を着ている。』
メイコ『ゆゆこって・・・なるほど東方の』
GM『ご名答だな。だがそんな幽霊でもなければ弾幕も使ってこないぞ。』

レン『ゆゆこさーんクエストないんですかー』
ゆゆこ『ごめんねぇ・・・この店で久々の冒険者のPTができたのになかなか依頼がこないのよー』
メイコ『依頼は普段からこないものなの?』
ゆゆこ『んーくることはくるんだけど初めてでしょ?初めてのPTにはちょっと荷が重い依頼しかこなくてねぇ・・』
ルカ『ふーん・・・6人もいるんだ初心者がいくぐらいの依頼でも大丈夫だと思うんだがな』
リン『でもあれだよ?ここのみんな非常食すら買うお金がない悲しい人たちだよ?』
カイト『一緒にするなよ。。。流石に買うおかねぐらいはあるよ』

GM『とまぁみんながこう依頼が来るのを待ちながらしゃべってると一人の女の人が入ってきて君たちに声をかけるな』

○○『あなたたち冒険者の方?よかったらお願いしたいことがあるのだけど』
ミク『お願いですか・・?失礼ですけどあなたは?』
○○『あ、名乗ってませんでしたね。私はニトリスといいます。』
カイト『ニトリスさんね・・・っでそのお願いっていうのは?』
ニトリス『お願いっていうのはこの近くに遺跡があるのですけど、そこにあるアイテムを探してきてほしいのです』
レン『遺跡かぁ・・・っでそのアイテムってのはどんなやつですか?』
ニトリス『光のアミュレットというアイテムなのです。もしその遺跡から見つけて持ってきてもらえたら一般の買値である3000ガメル+1000で4000ガメルで買わせていただきます。』
メイコ『一人当たり600ガメルか・・・ってその光のアミュレットはどんな効果なのかしら?』
GM(ふむ・・それぐらいなら教えてもかまわないが・・・)
GM『ならセージ+知識ボーナスで目標値は10だな』
リン『10ならさすがに余裕かな?』

ダイス結果
リン6.3+3=12
カイト3.2+2=7
ミク1.1=自動失敗
メイコ1.5+4=10
レン4.6+2=12
ルカ4.1+4=9

GM『ふむ。ミクは余裕でごじってーんだがリンとメイコとレンは光のアミュレットがどんな装備か思い出したな』
ミク『てへ☆』
ルカ『ミク・・・余裕だからってそこで稼ぐな』
レン『ルカさんは妖怪1足りないですね』
メイコ『光のアミュレットってことはアンデットと戦う際に便利なやつですよね。っでそれが多く必要ってことはどこかでアンデット狩りでもあるんですか?』
ニトリス『実はルキスラに行く途中の道にアンデットが大量発生したらしく夜になると冒険者を襲うらしいのです』
カイト『あーってことはルキスラからの物資もこっちにこないし冒険者も行きにくいってことか』
リン『でもそれこそ冒険者に頼んで退治してもらうってのがベストな気がするけどなー』
ニトリス『聞いた話なので確実ではないのですが数百は見たと生きて帰ってきた人はいったそうなんです。もしそうなら冒険者PTを頼むにしても大掛かりになります。なのでこちらも提供できるものを用意して万全な状態にしてから大量に募集をかけようと思うのです』

ゆゆこ『ちなみにここの店はニトリスの上司さんからのご依頼をいただいてるからいずれ全面協力するつもりよ?』
ルカ『ってことは俺たちも場合によったらいくことになるかもってことか?』
ゆゆこ『まぁあなたたちが行ってもいけるぐらいの力をつけたらの話だけどね?』

GM『っと脱線はここまでにしてニトリスは受けてもらえるのか聞いてくるな』
ニトリス『あの依頼のほうは受けてもらえるのでしょうか?』
ミク『その遺跡だけど私たちは知ってるのですか?』
GM『ならダイスをさっきと同じて知識ボーナス+セージだ。ただし目標値は秘密だ。』
メイコ『秘密ってことはなんかあるかな・・』

ダイス結果
メイコ4.3+4=11
リン5+6+3=14
カイト1+3+2=6
ミク1.2+5=8
レン3.4+2=9
ルカ3.6+4=13

ミク『んーダイスが全くだめだー』
メイコ『一番ボーナスあるんだから頑張らないと!っていってもリンもルカも高いからある程度はわかると思うんだけどね』

GM『ふむ・・・14か・・・ならリンとメイコとルカは遺跡が1時間ぐらいでいける遺跡で初心者でもいける遺跡だということは思い出すな。』
リン『あ、あの遺跡ね!それなら近いしこのメンバーなら楽だと思うから私は賛成だよ』
メイコ『(達成値不明だから何かあると思うけど・・・)そうねあの遺跡なら大丈夫だと思うわ』
ルカ『俺も賛成だな・・・っと後ニトリスさんに聞きたいんだけどさ、光のアミュレットが見つからなかった場合と想定外の魔物が現れた場合は減額や特別報酬ってのはでるのか?』
ニトリス『もしなければ半額はお渡しさせてもらいます。あともし強い魔物が現れてその証拠となる物をもってきていただいたらその魔物しだいで+させてもらいます』
リン『この露骨に強めの敵を出すアピール。』
レン『まぁ流石にそこまで強いのはでないでしょ・・・?』

GM『っでだどうするんだ?この依頼は受ける方向でいいな?』
メイコ『もちろん受けさせてもらいますね。他の皆さんも依存はない?』
ルカ『問題ない。むしろその後のアンデットの大量の話のが気になるぐらいだ』
レン『うん。それに遺跡ってのは興味があるし何か見つかるかもよ?』
カイト『敵がみつかるんですね、わかります』
ニトリス『ふふふ・・・。では皆さんお願いしますね。』

GM『じゃあこれからどうする?特になければ遺跡まで行くことになるが』
ルカ『なら遺跡までさっさと行こう時間かかったらアイテムがもうなくなってるとか良くある話だからな』
GM『(よくわかってるな)なら遺跡までいったことにするぞ』

GM『6人は教えられた遺跡の入り口までついたな。見た感じは普通の遺跡だな。そこまで大規模でもないな。ただ近い遺跡でもあるから割と綺麗にされている印象を全員は受けるな』
メイコ『ならその遺跡は入った痕跡がーってのもわからないかな?』
GM『そうだな・・・ならスカウトかレンジャーの技能+知能ボーナスで目標値は12だ』
レン『ん・・なら大丈夫かな?』

ダイス結果
メイコ 3.3+3=9
レン 5.5+3+2=15
ミク 2.6+4=12
リン2.5+3=10
ルカ6.2+4=12
カイト6.4+2=12

GM『ふむ・・・そうだな目標値に達したメンバーは足跡が人間の足跡ではないことはわかるな』
リン『流石ボーナスあって余裕もあったね』
メイコ『ってむしろカイトがわかるのか・・・』
カイト『そこじゃないだろ!人間じゃないってことはやっぱ魔物が出入りしてるのか面倒だなことになりそうだね』
ルカ『何をいまさらこれからどうするよ?魔物がいるのはわかったしさっさと入ってアイテム回収するか?』
ミク『んーどうしようか?もう流石に見るところもないよね?』
レン『足跡ぐらいしか痕跡なさそうだしね』

GM『君たちがそうしゃべってる間に回りがざわざわしてきたな危険感知判定をしてもらう』
一同『!?』


次に続くのであった

[edit]

« セッション1-2 初めての戦いっていう地獄  |  セッション1 はじまりません »

この記事に対するコメント

久々に見たらまた更新されてた
悠くんもっと更新してよ。

複写眼 #- | URL | 2015/03/10 01:27 * edit *

だ れ だ よ!!!
僕に君をつけ・・・だれだ!?
久々に更新しはじめたら見るとかやりよる

ゆう #- | URL | 2015/03/11 21:55 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kourantuki0509.blog75.fc2.com/tb.php/205-cca2432b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。