FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

セッション1-1 異世界の森 

セッションスタートです
blackrockshooter.jpgGM
ではやっとセッションのスタートです
まずは導入からはじめていこうと思います

前回ちょっと話したと思いますが
皆さんは依頼を受けて遺跡の奥に来ていました
その遺跡の最深部にきたあなた達でしたが
そこに待ち構えていたのは一人の 女性 でした
そして女性は一言

『この世界を救ってください。そして可能なら世界を導いてください』・・・・と

そしてその言葉と同時に真っ白の光に包まれあなた達は何かに吸い込まれていきました。




そしてあなた達は遺跡にいたはずが見知らぬ森に転移していました。
探索等は不要な範囲でわかるのは
この森は誰も知らない森であるのと
草木をみた感じでは自分の知っている生態ではないのがわかりますね。


kagamineren.jpgユアン
どこだろうここ・・・・それにこの草や木は知らない・・・
僕と意思が伝わらない・・・・?
なんなんだろうここ・・・

っと僕は子供ながらに困惑しているよ

miku.jpgレナ
ユアンが草木のことでわからないことあるのね・・・
っていっても私もここが何かわからないわ・・
今までと雰囲気・・・ううん、まるで世界が違うみたいな、そんな感じがする

meiko.jpgエレン
まぁそう思ってもおかしくないな
遺跡にいたはずの俺達が全員ここにいて
しかも最深部にいた女性はここにいない
と考えると、俺達は女性によって飛ばされたと考えるのが妥当だな

といってもそんな異世界に飛ばせるような魔法使いって存在するのかは謎だけどな

kaito.jpgアルディス
存在するしないが問題じゃないね
現に僕達は見知らぬとこに飛ばされたんだ
これが魔法の力か遺跡の力なんてどうでもいいんだよ。

問題は ここがどこなのか そしてここは僕達の知っている世界なのか
の二つだね
それに気になるのは世界を救ってほしいという声
となると僕達はここが違う世界と仮定するなら僕達はこの世界に招かれたというのが正しいのかもしれないね

megurineruka.jpgラグナ
招かれたか・・・強制的にだけどな
さてこれからどうするかだな・・・
もしこの世界が危機にあるとしたら何がおきてもおかしくはない
それならまず森から出て町や村を探すほうがいいと思うしな

kagaminerin.jpgセリス
そうですね、ここで喋っても物事は進展しないでしょうし
それなら行動するほうがいいですわね。

GM-この森はどうなっているのー?

blackrockshooter.jpgGM
ほいほい

君達は森の中央にいるね
□□□
□■□
□□□
こんな感じのところにいます。
まぁなんて簡単なステージなんでしょうか!!

ただしあなた達はここでの行動はできずどこかに移動してから
探索判定になります。むろん聞き耳等もここではできないと思ってください
その代わりここはセーフゾーン
簡単に言えば敵が現れることもありませんが何もできる場所ではないです。
ではあなた達は東西南北のどこに向かいますか?


ボカロ協議中

kaito.jpgアルディス
では僕達は西に向かうことにしますね

blackrockshooter.jpgGM
西ねー
因みに西に向かうことになった理由は?

kagaminerin.jpgセリス
ダイス神のお導きですわ(にっこり

blackrockshooter.jpgGM
ダイスで決めるのか・・・(これいきなり西にいかれたらすぐに見つかりそーだよなー)
ではどうしますか?
探索するなら
スカウトorレンジャーの判定でお願いします
もってない人は平目でお願いします
目標値は内緒です

miku.jpgレナ
じゃあみんなぱぱっと探索しちゃおー
四人がスカウトレンジャー持ちだから大丈夫でしょー!

アルディス (2.4)=6
レナ (6.5)+6=17
エレン (1.2)+6=9
ユアン (3.5)+5=13
ラグナ (5.4)+6=15
セリス (2.4)=6

miku.jpgレナ
これはいけたかな?

megurineruka.jpgラグナ
これでムリだったらGMを絞めるしかないな

blackrockshooter.jpgGM
こいつら・・・
えーではレナとラグナは北の方から
助けてー
という声が聞こえてくるのがわかります

あと全員紫色のかけらをみつけました
平目組は1d6
エレンとユアンは2d6
レナとセリスは3d6
でダイスをお願いします

アルディス 3
セリス 4
エレン 7
ユアン 7
レナ 9
セリス8

では全員はその数の紫色のかけらをみつけました。
では皆さんどうします?

megurineruka.jpgラグナ
北から助けを求める声が聞こえるな・・・・

kagaminerin.jpgセリス
助けですか!?
私には聞こえませんが助けに行くべきです!
ほっておくわけにはいきません!

kaito.jpgアルディス
確かに助けるべきですが
まだ人とわかったわけではありません
場所に向かいつつ警戒していくのがいいかと

kagamineren.jpgユアン
なら僕が先行していくよ
僕はそうゆうのには慣れてるからね

meiko.jpgエレン
じゃあ俺は銃を構えて最後尾を歩くか

kaito.jpgアルディス
では
先頭をユアン
その後ろから順番にセリス、ラグナ、自分、レナ、エレンの順番でいくとしましょう
恐らく敵がいるとしたら前方の敵を倒すことになるでしょうから
前衛の人が後ろにいる必要もないでしょうし

blackrockshooter.jpgGM
(まぁ最初のセッションでそんなことするわけないから当たってるんだけど・・・)
じゃああなた達は北に進むと

銀髪の女の人が一人いて周りに蛮族?と思われる敵がいるね

meiko.jpgエレン
蛮族??ってなんで?がついたのかな

blackrockshooter.jpgGM
魔物知識判定を振ってもわからない敵ってことだね
簡単にいえばみんなが知らない敵だってこと

kaito.jpgアルディス
知らない敵ですか・・・
敵は何体ぐらいいるんでしょうか?

blackrockshooter.jpgGM
敵の位置を説明すると

  敵   敵
女性  敵  敵
 敵    敵

とまぁこんな感じで見事に囲まれてるね
ただ君達が見た感じだと女性は怪我を受けてなく
襲われてるというより連れて行かれそうっていう表現のが正しいね

kagaminerin.jpgセリス
なら私がとる行動はひとつ

蛮族?達の前に飛び出してこう言うわ

『そこの外道達私の前で女性を連れ去ろうなんて許しません!』

そしてそれと同時にアックスを構えるわ

megurineruka.jpgラグナ
いきなり突っ込むの・・・
なら俺もそれにあわせて突っ込んで

『流石に連れ去ろうとするのを見過ごせるほどろくでなしではないんでね。怪我したくなかったら離れてくれないかな?』

といって両手を構えて臨戦態勢になるよ

blackrockshooter.jpgGM
やる気満々すぎるでしょー(笑

なら敵の蛮族?は

蛮族?A『あぁ!?てめえら何モンだよ!!』
蛮族?B『二人で俺達をどうするってー?』

蛮族リーダー?『こいつの前にあいつらを先にしまつするぞ』

一同『へい!』

といって二人を倒そうと動こうとするけど他の人たちはどうする?

kagamineren.jpgユアン
少し離れた場所から威嚇射撃を行って

『次ははずさないよ?』

って笑顔で言いながら構えてるね

meiko.jpgエレン
なら自分もユアンと近くで銃を構えて敵に狙いを定めているよ

miku.jpgレナ
私は。。。とりあえずユアンのそばにいます!

kaito.jpgアルディス
なら僕はみんなの間ぐらいの位置にいって

『人数が二人?何を見てるんですか?僕たちは6人ですよ?』といい続けて
『人数は五分五分です・・負ける覚悟はできてますか?』

と挑発しながら笑顔で見るよ

kagamineren.jpgユアン
軍師とはいったい・・・・

blackrockshooter.jpgGM

蛮族リーダー?『人数がどうしたてめえらなんか俺達にやられるのが運命なんだよ!てめえらやっちまうぞ!』

といって周りのやつらはおおー!!!と叫び君達に向かってくるだろう

とういわけで魔物知識判定は不要でHPだけ掲示しておくね
次回先制判定からスタート

[edit]

« セッション1-2 異世界の森  |  セッションの前に »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kourantuki0509.blog75.fc2.com/tb.php/237-7a40f8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。